女性の実印事情を調べたよ

女性が実印を作る理由・きっかけ

新築で家を建てることになったのが、実印購入のきっかけとなりました。それまでは銀行印も認め印もちょっと欠けた古い印鑑を使っていたので、さすがにそれをローンの契約等に使うのは気が引けたし、印鑑証明に使う実印を登録しなくてはいけなかったので作ることにしました。少々面倒だなとは感じましたが、一生使うものなので真剣に選びました。

37歳 【購入価格】8000円くらい

突然家族が亡くなり、相続関係の書類に必要だったため急遽作りました。実印は人生の大切なシーンに使うことが多いので、良い日を選んでじっくり検討し購入したかったです。しかし、期限に追われていたのでそんな余裕もなく慌てて購入しました。

40代 【購入価格】2,000円

当時小さな会社で働いていました。女性の社長さんである時突然「実印作らない?」と電話がきました。実印が必要だった訳でなく社長の頼みで実印を作る事になりました。知り合いのハンコウ屋さんだと言う方から後日電話があり、水牛で作りました。社長の知り合いと言う事と仕事が忙しかったのであまり考えずに承諾しました。価格も安く、たとえ詐欺だったとしても社長のメンツを立てられたならいいかなと思うくらいでこだわってはいませんでした。

50代 【購入価格】1万5千円

車の名義変更で夫が実印を作ることになりました。その時ついでに私も作ったんです。特に利用目的はなかったんですけどね。1本くらいあってもいいな。って感じでした。お店の方も、女性は一生で1回くらいだよと言っていて、あまりグイグイオススメされなかったのでかえって欲しくなりました。

30代 【購入価格】6000円

実印を作る、はっきり言ってめんどくさい以外ありませんでした。でも、実家が遠く様々な手続きを自分で行わなければいけないので必要に迫られて作りました。大人になったら、遅かれ早かれ必要になりますしね。急いで作ったので気に入ったものではないですが、買い換えるのも面倒で、そのまま使っています。

30代 【購入価格】3,000円

自宅マンションを購入することになったからです。実印を持っていなかった上に、シャチハタくらいしか買ったことがなかったので、よく分からないまま印鑑を売っている専門店に行きました。初めての本格的な判子だったので、楽しみでした。

30代 【購入価格】3,000円

親の相続関係で実印が必要になったため、実印を購入することになりました。実印を作ることには特にこだわりがなく、本当なら実印をわざわざ作るのは面倒で作りたくないぐらいのものでした。必要にかられなければ作らなかったかもしれません。

40代 【購入価格】8000円

父がなくなった時に作りました。借金があり、財産放棄のために実印がいるとのことでした。自分の実印は前かほしかったのです。主人も持っていましたし、印鑑登録書カードも持っていましたので、私も私も作りたいな。と。実印となると、やはり大事な場で使用するものです。あまり安すぎるのも嫌でしたが高い物になると何万円になりますよね。今はネットでも購入できますが、きちんと印鑑屋さんに行って、こういう物が良いです、字体もよく見せてもらい店主さんと話し合いながら作ってもらいました。日にちは2週間ほどだったと、思います。仕上がりは、大満足でした。

49歳 【購入価格】5000円

姓名判断をしてもらったところ、自分の名前の画数があまり良くないことを知りました。当時、いい出会いがなく結婚まで至らずあまりいい状況ではありませんでした。それを変えるためには開運印鑑を作ったほうがいいという結論になり購入を決めました。大きな出費でしたが運が良くなるかもという期待もあり楽しみでした。

40代 【購入価格】5万円

結婚して苗字が変わり、銀行の名前変更の手続きを行う際に実印を作りました。それまでは必要性を感じませんでしたが、いい機会だと思いましたので。作ること自体面倒とは思いませんでしたが、どこで購入するか、通販で頼むかなど結構悩みました。

40代 【購入価格】8000円程度

Copyright (C) 2017 女性の実印事情を調べたよ All Rights Reserved.